お知らせ

新型コロナウイルス感染症による【小学校休業等対応助成金】申請開始について

新型コロナウイルス感染症による【小学校休業等対応助成金】申請開始

新型コロナウイルスの影響で「小学校が休校」になり会社を休まれた方向けの助成金の申請がスタートしました。

厚生労働省内のページに詳細が出ておりますが、 ポイントを以下の通り抜粋いたします。

【助成金概要】新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応助成金

1.対象者
・対象となるのは、小学校、放課後児童クラブ、保育園、幼稚園、認定こども園に通う児童がいる方(中学校は対象外)で、通常の有給休暇とは「別の」特別休暇を取得した場合です
・保護者の自主的な判断で休ませた場合は対象外

2.対象期間
 ・令和2年2月27日から3月31日
 ・ただし、学校の元々の休日「以外」の日が対象。
  (※春休みや日曜日など元々休みの日は対象外)
※コロナウイルス感染の疑いがある学校に通っていた場合は、春休みなども対象

3.対象となる賃金
  有給休暇を取得した対象労働者に支払った賃金相当額×10/10
  *1日1人当たり8,330円を助成の上限とする。
  *通常の有給休暇を取得した際に支払う賃金を支給する。
 (就業規則に「通常の賃金」または「平均賃金」などと
  定めてあるかと思いますので、その通り支払う)

4.対象となる休暇
 ・半日単位の休暇、時間単位の休暇も認める
  (その時間に対応する賃金を払えばOK)
 ・時短(時間短縮)は、休暇制度ではないので、対象外。

5.就業規則の規定
 就業規則に今回の休暇について定めておく方が望ましいが、なくてもOK

【小学校休業等対応助成金 申請の方法について】

1.申請方法
(1)申請書類をダウンロード
(厚労省ページの下の方にあります)
・様式第1号
・様式第2号(有給休暇取得確認書)
・様式第3号(支給要件確認申立書)
・様式第4号(支払方法・受取人住所届)

(2)郵送にて申請
郵送先は以下ページに記載されています(地域によって郵送先が異なります)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/kyufukin/pageL07_00002.html
※必ず簡易書留等、配達記録が残るよう送って下さい
※提出書類は必ずコピーを取っておくようにしてください

2.提出書類
申請書に加え、以下の添付書類の提出が必要です。
(1)労災保険の加入が確認できる書類(労働保険料申告書など)
(2)有給休暇を取得したことが確認できる書類
  (出勤簿・休暇届・賃金台帳など)
(3)年次有給休暇と同じ額の給料が支払われたことが確認できる書類
  (賃金台帳)
(4)勤務日が確認できる書類(シフトや就業規則、雇用契約書など)
(5)小学校・幼稚園が臨時休校したことがわかる書類
  (小学校からのお知らせなど)

その他詳細は、こちらのリーフレットに記載されています。

3.申請期間
 2020(令和2)年3月18日~6月30日まで
 

4.問い合わせ・不明点
 コールセンター  0120-60-3999 (土日祝も対応しています)

詳しくは、こちらのページをご覧ください。

【最後に】

通常の助成金は条件や内容が細かく煩雑ですが、
今回の助成金については、会社様からでも十分に申請できる内容かと思います。
該当者の方がいらっしゃる場合は、ぜひ申請されてみていただければと思います。

ただ、もしお忙しくて手が付けられないなど、 申請代行をご希望される会社様がいらっしゃいましたら、弊所までお問い合わせくださいませ。

■コロナウイルスで新入社員研修が中止になってしまった企業様向け
【新入社員研修緊急特別プラン】はコチラから

コロナウィルス 37.5℃の熱で休業を命じることは可能?給料はどうなる?

■コロナウィルス 時差出勤や在宅勤務を導入する場合には就業規則変更が必要?導入時のポイント


人事・労務に関するニュースやわかりやすい法改正解説をメールマガジン(おたより)で配信中!