お知らせ

令和3年度(2021年度)雇用保険料率は変更ありません

令和3年度(2021年度)の雇用保険料率について発表がありました。
今日はそのニュースをお届けします。

料率変更はナシ、令和2年度(2020年度)と同じ

雇用調整助成金の支給で「財源が尽きた」と言われていたため、引き上げが懸念されていた雇用保険料率ですが、変更はないこととなりました。

つまり以下の通りということになります。

雇用保険料を計算する時は「通勤手当を含んで」計算していますか

雇用保険料は、「総支給額」に対してかかります。

つまり、通勤手当や残業代も含んだ金額です。
所得税の計算等との違いで紛らわしい点ですので、いま一度ご注意くださいね!


人事・労務に関するニュースやわかりやすい法改正解説をメールマガジン(おたより)で配信中!

顧問契約をご検討されているという方、相談しやすい社労士をお探しの方は「顧問契約サービス」をご参考になさってください。