お知らせ

厚生労働省から出されている「職場のコロナウイルス感染防止対策チェックリスト」が更新されました

ますます広がりを見せる新型コロナウイルス。

企業として様々な対応をされていることと思いますが、人事ご担当者様としては「本当にこれで足りているのだろうか」と不安に感じられることもあろうかと思います。

今日は8月に更新された「職場における新型コロナウイルス感染防止対策チェックリスト」(厚生労働省)をご紹介しながら、対策を見て行きます。


「職場における新型コロナウイルス感染防止対策チェックリスト」(厚生労働省)が更新されました

「職場における新型コロナウイルス感染症の拡大を防止するためのチェックリスト」と題して、以下のカテゴリに分けた計70個超のチェックが掲載されています。

  1. 感染予防の体制
  2. 感染予防のための基本的な対策
  3. 感染予防のための具体的な対策
  4. 配慮が必要な労働者への対応
  5. 新型コロナウイルスの陽性者や濃厚接触者(以下「陽性者等」)が出た場合等の対応
  6. 熱中症の予防

衛生委員会の資料としても使うことができますので、ぜひダウンロードしてご覧ください。

職場における新型コロナウイルス感染症の拡大を防止するためのチェックリスト(厚生労働省)

感染者が出た場合の氏名の公表や、休ませる日数などはどうすればよい?

その他、実務的には様々なお悩みがあろうかと思います。

以下に関連記事をまとめていますので、ご参考になさってください。

社員がコロナに感染・濃厚接触者に。自宅待機にした者の氏名を社内に公表するとき「個別の同意」は必要なのでしょうか?

本人が感染・濃厚接触者の場合、何日休ませればよいの?手当はどうする?【弊所でまとめた資料 無料ダウンロード付き】

コロナウイルスの企業対応や、その他労務対応でご相談がある場合はこちらから

顧問契約をご検討されているという方、相談しやすい社労士をお探しの方は「顧問契約サービス」をご参考になさってください。


人事・労務に関するニュースやわかりやすい法改正解説をメールマガジン(おたより)で配信中!