お知らせ

「ワクチン休暇」や「ワクチン接種時の働く時間の変更」はどう対応する?

コロナウイルス感染予防のためのワクチン接種がスタートしています。
今後の対応として、会社としての方針を決めておくとよいでしょう。

考えられる選択肢としては次のとおりです。

(1)ワクチン休暇や病気休暇を設ける
  → 接種時や副反応時には、個人の有給休暇とは別に休暇が取れるようにする

(2)ワクチン接種時の中抜けを認め、その分勤務時間をずらす
  → 接種にあたり、必要な時間の中抜けを認め、抜けた時間分について、勤務時間をずらす

(3)ワクチン接種時の中抜けを認め、その分は「みなし勤務」とする
  → 接種にあたり、必要な時間の中抜けを認め、抜けた時間分について、働いたものとみなす

(4)特に制度を設けない
  → 接種にあたり、抜けた時間については、給料から控除するor有給休暇を利用する

【注意】
 ・会社から(ほぼ)強制的に接種を勧めるような場合は、給料の支払いが必要です。
 ・新しい休暇制度を設ける場合等は、就業規則を変える必要があります。

また、上記選択肢の融合案として、
「極力勤務時間外に接種するように依頼するが、難しい場合は(1)~(3)を認める」
という方法も考えられます。

弊所としましては、社員全員が健康に働くことで会社運営が成り立つことを考えると、
(2)や(3)などの措置をしてもよいのかなと考えておりますが、

業種・職種によって可能・不可能がありますので、会社様にて最終ご判断をいただければと思います。

その他、何かお悩みのことがありましたら、ご相談ください。

(参考)厚生労働省「新型コロナウイルスに関するQ&A」より

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/dengue_fever_qa_00007.html#Q4-20


人事・労務に関するニュースやわかりやすい法改正解説をメールマガジン(おたより)で配信中!

顧問契約をご検討されているという方、相談しやすい社労士をお探しの方は「顧問契約サービス」をご参考になさってください。