お電話・メールアドレス
さくらとひまわりの
RSS表示パーツ
マイベストプロ

KESの就業規則

就業規則作成のアイデア事例【A社さまのケース】

社員全員で「服務規律」を作ろう

~社員全員で「服務規律」を作ろう!

こちらの会社さんは、就業規則を作成する際、
「事前に社員の意見を聴きたい」というのが社長の
ご要望でした。

そこで、月一回の社内研修会を実施。
「適性検査を使った自己分析」や「コミュニケーション術」などの研修をする中で、少しずつ社員の方との距離を縮めていきました。

  • 3か月目には、会社の「良いところ」と「改善点」を洗い出す研修を実施。 4ヶ月目には、「働きやすい環境にするためのルール作り」と題して、服務規律(働く上でのルール)を実際に作りました。 そこで作られた内容を、実際に就業規則に盛り込み、社員の方の意見を入れた就業規則が完成しました。

就業規則作成のアイデア事例【B社さまのケース】

就業規則ハンドブック

~「就業規則ハンドブック」を採用時に活用!

会社のご希望に応じてですが、就業規則が完成した後、
「ハンドブック」を作らせていただくケースがあります。

より分かりやすく、そして何より、就業規則にふれてもらうためです。 社員の方が気になる
「労働時間」「休暇」「賃金」「表彰」などを
ピックアップして、作成します。

  • このハンドブックは、大きな特徴があります。 それは、1ページ目に「社長のメッセージ」を入れること。 社長の素直な言葉で社員へのメッセージを入れると、普段面と向かって言えないことも、文章で表すことが出来ます。 こちらの社長は、「社員にも分かりやすくて好評でした。さらに、"これから入社する"という社員にも渡しているので、ルールを伝えるときに分かりやすく、重宝しています!」とおっしゃっていました。

就業規則のアイデア事例【C社さまのケース】

私たちの仕事の目的は?」を考える研修を実施!

~「私たちの仕事の目的は?」を考える研修を実施!

もし―― 自分が社員の立場だったとしたら…。
少し想像してみてほしいのです。
ある日朝礼で、社長がこんなことを言いました。「えーっと今回、就業規則を作りました。4月からこの規則にそって運用していきますので、よく読んでおいてください。説明会は●月●日に行います」と。
通常、規則を作った時に「社員説明会」を実施する場合があります。

  • しかし、その説明会の時に「作った規則を1つずつ説明しますからよく聞いておいてくださいね」と言われた皆さんは、どう感じるでしょうか?
    「必要なときに読むからいいよ~、仕事忙しいのに」「ふーん、何か規則作ったんだな」そう思いませんか?あくまでも受け身です。
    C社さんは、「社員への浸透」と言うことをとても気にしていらっしゃいました。そこで幹部を巻き込んで就業規則を作成しました。その中に、「職場にルールは必要?必要だとすると、なぜ必要だろう?」「私たちの仕事の“本当の目的”ってなんだろう?」といったワークを挟んだのです。そして、そのワークで出てきた意見を就業規則に盛り込みました。幹部が本当の意味で就業規則を理解することで、その下の部下に説明する「コトバ」が変わってきます。
    現場にしかわからない「生の声」を就業規則に盛り込む、そして「自分も関わっているんだ」と実感する。そうすることで「有名無実」の就業規則から脱却し、社員の方へ浸透させていくことが出来ました。
社内研修会 vol.1
時間
内容
形式
9:00~
就業規則は必要? 必要だとすると、なぜ必要でしょうか?
個人ワーク
グループワーク
10:00~
どんなルールだと働きやすい職場になるだろう? →服務規律への反映
個人ワーク
グループワーク
11:30~ 12:00
終了 振り返り 感じたこと、明日から実践したいと思ったことを発表
全体発表
社内研修会 vol.2
時間
内容
形式
9:00~
いまのチームの現状
仕事の「目的の目的」は?
個人ワーク
全体発表
10:00~
10年後の姿「Do.Have,Be」
~それを叶えたら何がいいことがありますか?
10年後、後輩から「ありがとうございます!」その理由は?
個人ワーク
ペアワーク
全体発表
11:30~ 12:00
振り返り 感じたこと、明日から実践したいと思ったことを発表
全体発表

お客様の声/導入実績

株式会社アクアプロデュース様株式会社アクアプロデュース様

印刷・デザイン業、社員数4名(当時)

会社設立時より、きちんとした形で確立していきたいことの一つでした。
今回ご協力して頂き、まずは一つクリアできたことに本当に感謝しております。

親切、丁寧に分かるようにご指導して頂きましたので、大変助かりました。
今後も引き続き、当社にとって心強いアドバイザーとしてご協力して頂きたいです。

株式会社麗人社様株式会社麗人社様

美術イベント企画及び運営、美術書籍の出版、各種印刷物制作、社員数35名(当時)

期初に併せて社員に発表をしたいと思い、急いでいたのですが、期日を守れてとても良かったです。 回答も対応もとても迅速にして頂けたおかげです。

難しい言葉をならべるのではなく分かりやすく説明して下さった点が何より良かったです。 フットワーク軽く対応して頂け感謝です。

導入実績

  • 飲食店(社員数70名)、歯科クリニック(社員数3名)、和菓子製造業(社員数10名)
  • 印刷業(社員数15名)、運送業(社員数30名)等、
  • 各業種に合わせた導入実績があります。

ご費用・ご依頼の流れ

  • 会社さまが求められる内容により変動しますが、参考金額は以下のとおりです。
  • 雇用契約書の作成、労使協定の作成、労働基準監督署への届出、データの提供等は就業規則本則に含みます。
  • A:みんなで作る就業規則(作成期間およそ3か月        350,000円
  • (1)就業規則、賃金規程、パートタイマー規程、育児介護休業規定等諸規定の改定
  • (2)社員研修の実施(仕事の目的を考える、私たちの理想像を描く、活き生き働けるルールを生み出す)
  • (3)労使協定、雇用契約書の見直し、作成
  • (4)就業規則ハンドブックの作成
  • (5)その他社内書式(休暇申請等)の見直し、ご提供
  • (6)社員説明会の実施                         ご訪問回数:6回程度
  • B:就業規則づくり(作成期間およそ3か月)           270,000円
  • (1)就業規則、賃金規程、パートタイマー規程、育児介護休業規定等諸規定の改定
  • (2)労使協定、雇用契約書の見直し、作成
  • (3)就業規則ハンドブックの作成
  • (4)その他社内書式(休暇申請等)の見直し、ご提供           ご訪問回数:4回程度
  • ※なお就業規則作成時は、希望に応じてスポット契約と6か月顧問契約をお選びいただけます。
就業規則作成または改定の流れ
就業規則作成のアイデア事例≫KESの就業規則
KES社労士事務所電話番号