お電話・メールアドレス
さくらとひまわりの
RSS表示パーツ
マイベストプロ

KESの社員研修

ビジネス文書作成研修

新入社員向け研修イメージ

■研修の目的

「この文書、何が言いたいのだろう」
―そう感じる文書は、書いている本人の目線で書かれていることがほとんどです。

この研修では、文書を作成する自分ではなく、「読む相手がどう感じるか」という点に主眼を置いた実践的な練習を行うことで、あらゆるビジネスシーンにおいて読み手の立場に立った文書作成ができることを目指します。

カリキュラム例(1日コースの場合)

テーマ
内 容
1.オリエンテーション (1)自己紹介、本日の研修の目的・ゴール
(2)ワーク「Goodletter、BadLetter」
2.ビジネス文書とは? ~ルールを理解する (1)チラシ・パンフレットの構成を考える

(1)ビジネス文書と私的文書の違い
(2)ビジネス文書作成の3つのチェックポイント
1.「伝わる内容」かどうか ~主語述語、箇条書き、句読点を活用して ロジカル(論理的)に書いてみよう
2.タイトルは適切か ~そのタイトル、「内容の予想」が出来ますか?
3.見やすく美しいレイアウトか ~体裁次第で文書の出来が変わります

3.ビジネス文書とは? ~構造を理解する (1)徹底的に読み手目線に立つトレーニング
(2)グループメンバーが書いた文章と比べてみよう
4.社内文書と社外文書 (1)基本形
(2)社外文書の挨拶と結びの慣用表現
(3)封筒・はがきの宛名の書き方
5.E-mail作成のポイント (1)ビジネスE-mailの構造
(2)メールの心得と送り方
(3)1秒でも速くメールを書き上げるテクニックとは?
(4)論理的で感じがよく、相手を動かすメールを書いてみよう
6.(総まとめ)議事録・報告書作成 ~目的は何かを明確にする (1)議事録作成のポイント
(2)報告書作成のポイント
  (3)実際に報告書を書いてみる

実施費用

  • 3万円(税別)/時間~
  • ※上記金額には、事前打ち合わせ、レジュメ・テキスト代、研修後のフィードバックを含みます。
  • ※人数、カリキュラム、その他各社事情を考慮しますので、遠慮なくおっしゃってください。
  • その他上記メニューは一例です。 御社が解決したい課題や悩み、理念等をお伺いしてカリキュラムを組み立てます。「社会保険について話してほしい」というテーマが、話をお伺いしている間に「これからのビジョンを考える」というテーマになったこともありました。「評価者研修」というテーマが、話をお伺いしている間に「自分がどう見られているか」をまず客観的に見てみようという内容に変わったこともあります。一度、お気軽にご相談ください。
「企画力アップ」研修≫ビジネス文書作成研修
KES社労士事務所電話番号